泣きやむまで 泣くといい

知的障害児と家族の支援からはじまり、気がついたら発達障害、不登校、子どもの貧困などいろいろと。関西某所で悩みの尽きない零細NPO代表の日々。

 訳あって飲まず食わずの行動援護のラストは、ノンストップの1万歩が待っていた。
 彼のアイスを買いたい気持ちはよくわかるが、家に帰るまでは絶対に食べないのであり、家に帰った時には確実にすべて液状化しているのである。うーむ。