泣きやむまで 泣くといい

知的障害児と家族の支援からはじまり、気がついたら発達障害、不登校、子どもの貧困などいろいろと。関西某所で悩みの尽きない零細NPO代表の日々。

 仕事にも研究にも前向きになれない日々が続いているので、しばらくはたぶん中身の乏しい更新しかない。ただ必要な支援に真面目に尽力してさえいれば普通に組織も人間も生きていける社会を望む。