泣きやむまで 泣くといい

知的障害児と家族の支援からはじまり、気がついたら発達障害、不登校、子どもの貧困などいろいろと。関西某所で悩みの尽きない零細NPO代表の日々。

 帰宅途中、夕飯を買おうといつものコンビニに寄ったところ、野菜売り場ができている。
 「何時に帰っても自炊ができるよ。スーパーが閉まっても安心して深夜まで仕事を続けなさい」とささやかれている気がする。
 喜んでよいのか。これは。