泣きやむまで 泣くといい

知的障害児と家族の支援からはじまり、気がついたら発達障害、不登校、子どもの貧困などいろいろと。関西某所で悩みの尽きない零細NPO代表の日々。

 自転車に乗ってきたことを忘れて、歩いて帰ってくる。
 スーパーに行き、カゴを手にしたまま帰りかける。
 もう何をしてもボロボロである。法人ホームページの更新とか、報告書づくりとか、人と関わらない仕事中心で過ごす。逃避。