泣きやむまで 泣くといい

知的障害児と家族の支援からはじまり、気がついたら発達障害、不登校、子どもの貧困などいろいろと。関西某所で悩みの尽きない零細NPO代表の日々。

 某大学の心理系院生と話す機会が。やっぱり最近は行動科学系の研究が強いのかとか、にわか知識で質問攻めにしてみる。ゼミで読んでいるらしい論文を見せもらい、その内容にぶっとぶ。
 河合隼雄の遺したものは「いろんな意味で」大きかったのだな、と知る。