泣きやむまで 泣くといい

知的障害児と家族の支援からはじまり、気がついたら発達障害、不登校、子どもの貧困などいろいろと。関西某所で悩みの尽きない零細NPO代表の日々。

 書きたいことはいろいろあるのに、やらねばならないことが多すぎる。
 なんというか最近は「家族」というものの特別さを思い知らされる日々。それはいずれ、わが身にも降りかかるのだろう。