泣きやむまで 泣くといい

知的障害児と家族の支援からはじまり、気がついたら発達障害、不登校、子どもの貧困などいろいろと。関西某所で悩みの尽きない零細NPO代表の日々。

 離れたところにあって限られた情報しか持っていないのに、とても上から目線で権限は強大。その名は児童相談所。要保護児童対策協議会だとか地元関係者の判断のほうが正しいように思えて仕方がない。